にんにく卵黄の飲み方について

にんにく卵黄はやはり食後に飲むのが理想的です

サプリメントの袋に記載されている飲用方法を参考に飲んで下さい

にんにく卵黄はやはり食後に飲むのが理想的です

 にんにく卵黄(サプリ)の飲み方は、薬ではなく食品という感覚で摂取できるので、決まった飲み方というのはありません。ですから飲むタイミングは、いつでも大丈夫ということからも自分のペースで続けられます。しかし胃腸が弱い方は空腹時に飲用すると、にんにくは刺激物なので特有の胃のむかつきがある場合があるので水などの飲み物と一緒に食後の飲用をおすすめします。

 

 にんにく卵黄は色々な商品がでていますが、一日に1〜2粒を飲むのが大半のようです。ですから朝に一粒、夜に一粒という飲み方もにんにく卵黄の効果が持続して一日中効果を実感できますし。朝に2粒いっきに飲んで、朝から健やかさや活気に満ちたスタートを切る方法もあります。また夜に2粒飲む事で良質な睡眠を得ることができ朝の目覚めが良いのですっきりとした一日を過ごせます。どの方法が自分に合っているか参考にして見つけてみてください。

 

 江戸時代から存在していたにんにく卵黄のパワーは、にんにくに含まれるアリシン(においの成分)と卵黄のビタミンB1を一緒に摂取することで有用成分がお互いに作用するということを知っているのと、知らないのでは飲み方は変わってくると思いますが、ポイントは飲んでいる間普段よりも自身のちょっとした変化に気にかけてみてください。にんにく特有の臭いはカプセルに閉じ込めてあるのでどんなにシーンでも気にせず毎日飲めるのも良いですよね。

にんにく卵黄をお茶やコーヒーで飲んでも大丈夫?

 

にんにく卵黄をお茶やコーヒーで飲んでも大丈夫?

 健康を維持するために役立つ食材がにんにくです。栄養価が高く、含まれる成分が体を健康にしてくれます。にんにくの成分を摂取するとき、にんにく料理だけでなく、にんにく卵黄を摂取する方も少なくありません。臭いも抑えることができるため、非常に便利ですが、飲み方には注意しておきたいポイントがあります。

 

 にんにく卵黄を飲むときには、水やお湯で飲むことがベストだとされています。にんにくの有効な成分の吸収を邪魔することなく、摂取できます。お茶やコーヒーで飲むことはあまりおすすめされていません。お茶やコーヒーで飲むと、体への吸収が悪くなるからです。コーヒーや緑茶にはカフェインが含まれています。カフェインと栄養素がくっついてしまうと、体に栄養が吸収されない状態で、そのまま体の外へ排出されてしまいます。そのため、にんにく卵黄を飲むときには推奨されていないのですね。

 

 また、飲み合わせにも注意が必要です。病気の治療のために処方薬を服用している方は、飲んでいる薬によっては副作用を起こすことがあります。例えば、ワルファリンなどの血液をさらさらにする効用がある薬と併用した場合、出血しやすくなる可能性が指摘されています。病気療養中は医師に相談したうえで、摂取しましょう。

 

 体を健康にしてくれる力強い味方がにんにくです。しかし、飲み方や飲み合わせを間違えてしまうと、十分な効果を得ることができなかったり、危険な副作用が起きたりしてしまいます。正しく摂取することが大切です。

page top